読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

「気持ちの整理」練習帖 不思議なくらい心が軽くなる26のスイッチ  大野裕

メンタルヘルス関連の情報収集をしていると、間違いなく大野裕さんの著書に出会うことになります。

認知療法の権威であり、一般向けの著書も多く、皇太子妃雅子様の主治医としても知られている方です。

 

本書については、ちょっと落ち込んだ時や、不安になった時に、心を軽くするヒントとして活用してほしいとのこと。

26の項目からなっており、各項の終わりに「NOTE」として、質問と自分の考えを書き込めるスペース設けてあります。

実際に書き込むかどうかは別にしても、いったん立ち止まり、頭の整理をすることは大事ですね。

 

そうやって、読み終えた頃には、認知療法の基本的な考え方が理解できるという内容ですが、「読み終えた頃には」という訳にはなかなかいきません。

でも、それでいいと思います。

認知療法云々を理解しなくても、何か辛いことがあった時に読み返すことで、心が軽くなる1冊です。

 

自分なりに、心に響く箇所が必ずあるでしょう。

そこを読み返すだけでもいいと思います。

僕は「あきらめないこと」という箇所を何度も読み返しています。

なかなかよくならないで、辛い思いをしても、あきらめないで治療を続けること。

治療をやめてしまっては、元も子もない。

長年辛い思いをしながらも続けることで変わることができる。

 上手くいかない事も多いですが、あきらめないで続けていくつもりです。