読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

あなたを変える52の心理ルール メンタリストDaiGo

 本をやセミナーで知識を学んでも、実践する人は3%もいないと言われている。

そして、野村総研の調査によると、純資産1億円以上の富裕層は日本の人口の2%以下である。

これは偶然か、知識を実践している一部の人が成功しているとは考えられないか。

そんな問題提起から本書は始まります。

 

そして、「分かりやすさ」ではなく、「実践しやすさに」フォーカスし、52の項目について、「AをすればBになる」の形式でまとめられています。

最初から読む必要はなく、自分がなりたい「B」を見つけて、「A」を実践するという使い方をするといいのではないでしょうか。

「B」については、類似する状態をあてはめてもいいでしょう。

僕は自分に言い聞かせるためにも、このブログでは、実践いう言葉を意識的に使っています。

とにかく大事なのは実践することです。

 

52のルールは、以下の4つに大きく分けられています。

  • 人間関係がラクになる11のヒント
  • デキる人になる17のヒント
  • イライラや不安が消える12のヒント
  • 恋愛の達人になる12のヒント

 

メンタル面に不安がある僕が注目したのは「イライラや不安が消える12のヒント」です。

かといって、この12項目をすべて実践しようとしても無理があります。

まずは、自宅で簡単にできる2つの項目を実践することにしました。

それは、「瞑想」と「笑顔」です。

これは、他の心理学の本にもよく出てきます。

毎朝の習慣にしようと思っていますが、まだまだ習慣にはなっていない。

習慣となり、特に意識しないでも実践できるようになれば、効果も実感できることでしょう。

 

そして、「デキる人になる17のヒント」の中から、「ナッツを食べる」というのも実践しています。

アーモンドを買い込んで、毎日ボリボリとかじっています。

ナッツ類については、メンタルヘルスマネジメント検定のテキストにも出てくるし、最近はイロイロと効果が宣伝されているようですね。

 

こんな感じで、出来ることから始めているところ。

自分に合う、合わないもあるでしょうが、とにかくやってみないとわかりません。

そして、すぐに目に見える効果があるというものではないと思います。

行動が習慣化し、気づいたら自分が変わっているということになればいいですね。