読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

銀と金 文庫全8巻 完結セット 福本伸行

漫画 読書

 僕は福本先生の大ファンです。

この『銀と金』については、いつかこのブログで記事にしようと思っていました。

そう考えていたところ、なんと連ドラ化のニュースが飛び込んで来ました。

このタイミング記事にしない訳にはいきません。

そういう訳で、今日は『銀と金』のご紹介です。

 

僕が持っているのは通常のコミック(全11巻)ですが、アマゾンで文庫版の全巻セットがあったので、文庫版の記事としています。 

20年前の作品なので、コミックの方は中古しかないみたいです。

中古でいい人は、そちらの方が安く買えます。

また、キンドル版もあり、そのまとめ買いリンクはこちらです。

 文庫よりキンドルの方が安いですね。

 

さて、福本作品の魅力は、なんといっても、極限状態に置かれた人間の心理描写です。

その舞台となるのがギャンブルの世界。

福本作品といえば、藤原竜也さんの主演で映画化された『カイジ』を思い浮かべる人が多いでしょう。

まさに『カイジ』は、様々なギャンブルをとおして、人間心理が描かれています。

また、『天』『アカギ』といった麻雀漫画も、福本先生の代表作ですね。

 

銀と金』もギャンブル漫画と言っていいでしょう。

他の作品でもそうですが、ギャンブルと言っても、賭けられるのはお金だけではありません。

時には人間としての尊厳に関わるもの、そして、究極的には、文字通り「命」を賭けたギャンブルが展開されます。

その時、人間は何を感じ、何を考え、何をやるのか。

そこに人間の本性が表れ、そのえぐり方が読む者を「ざわざわ」させます。

 

銀と金』もギャンブル漫画と言っていいと書きましたが、株取引や、政治家との駆け引き、殺人者との戦い等、 ゲーム的なギャンブルに収まらない世界が描かれています。

実写化にあたり、どのエピソードが採用され、どのように表現されるのか。

正直、実写化には向かない描写もありますからね。

どのようなドラマになるのか楽しみです。

 

公式サイトによると、「本作は、Amazonプライム・ビデオで放送1週間前から独占先行配信します」とのこと。

www.tv-tokyo.co.jp

 プライム会員であり、Fire TV Stickも持っているので、そっちで楽しみたいと思います。 

 

何はともあれ、これを機会に漫画『銀と金』を読んでみてはいかがでしょうか。