読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo

 DaiGoさんの本の記事はこれで4冊目です。

以前、『自分を操る集中力』の記事の時にも書きましたが、「数字」を巧みに使っているのが、DaiGoさんの本の特徴です。

saaiwa819.hatenablog.com

 

今回も「3原則」「7つのトリガー」「5つのテクニック」と「3・5・7」でまとめられています。

記事の一番最後に、この本の「無料試し読み版」のリンクを貼っています。

そこで「目次」が見ることができるので、興味のある方はそちらをご覧ください。

 

「文章術」というタイトルですが、文章が上手くなるための本ではありません。

「人を操る」がメインです。

「禁断の」は言い過ぎ。

 

超集中力で自分を操り、禁断の文章術で人を操る。

『自分を操る超集中力』と合わせてお読みくださいといったところでしょう。

そもそも、「メンタリズム」は「人心掌握」と「大衆扇動」のテクニックだそうです。

 

メールやSNSを含め、日常的に文章でのやり取りが行われています。

そこに、ちょっとした工夫を加えるだけで、相手に自分の望む行動をとってもらうことができる。

実際には、そう簡単にはいかないでしょうが、小さな工夫を組み合わせ、積み重ねることで効果が出るもの。

 文章はコミュニケーションの一つの手段でしかありませんが、形に残る分、相手に与える印象は強いように思います。

また、文章できっかけを作って、その後のコミュニケーションにつなげることもできるでしょう。

 

「実践してこその知識」をモットーとしているこのブログ。

この記事には、本書で学んだことが実践されているでしょうか。

そこを確認するためには、本書を読んでもらうしかなさそうです。

 

キンドル「無料試し読み版」

「まえがき」「目次」「第2章の一部」「第3章の一部」を読むことができます。