読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

三菱鉛筆 シャープペン ユニ クルトガ スタンダードモデル 0.7mm 芯色赤

 

先日、赤ペン専用ケースとして購入したペンケースの記事を書きました。

saaiwa819.hatenablog.com

今回は、そのペンケースに入っている赤ペンを一本ご紹介します。

赤ペンは赤ペンでも、赤い芯のシャープペンです。

 

 クルトガについては、多くを説明する必要はないでしょう。

 クルっと回ってトガった芯をキープ。

細く、クッキリ書き続けられるシャープ。

三菱鉛筆のサイトに解説ムービーがあったので、参考にリンクを貼っておきます。

クルトガ機能解説ムービー | 三菱鉛筆株式会社

 

 いろんなタイプのクルトガがありますが、今回ご紹介するのは芯が赤いクルトガです。

正直に言うと、僕がこのクルトガを買ったのは、芯が赤いからではありません。

0.7mmのシャープペンが欲しくて、外見の赤に惹かれて買ったもの。

芯を黒に替えて使うつもりでした。

当然、買った時には赤い芯が入っています。

そこで、しばらくは本を読む時などに使ってみることにしました。

 

 まず、クルトガは線を引くのには向きません。

このクルトガは0.7mmですが、トガリ続けるので、線が細くなりますから。

その分、メモには向いています。

しかも、この赤芯の特長は、赤でも消しゴムで消すことができ、メモを書き直すことも可能です。

 

ただし、しっかりと消せる分、少し線が薄いです。

紙の種類や、本の色使い次第では、目立ちにくい。

そうやって使っていくうちに、一番いいのはノートに使うことだという結論に達しました。

基本的には黒ペンでノートを書き、赤ペンメモにこのクルトガを使ったところ、ノートがすっきりしたように思います。

そういう訳で、もうしばらく赤芯で使ってみることにしました。

 

線を消す前後の写真を貼っておきます。

光の度合いで見にくいですが、参考にしてください。

【消す前】

f:id:saaiwa819:20161127041207j:plain

【消した後】

f:id:saaiwa819:20161127041250j:plain