読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

The Friendly Swede 純正品 静電容量性 マイクロニットスタイラスペン 3色 6本組 ストラップ クリーニングクロス付き

今日は、僕が使っているスタイラスペンをご紹介します。

そもそも、スタイラスペンなんて使わないという人も多いと思います。

でも、1回使うと、手放せなくなりました。

僕が、一番重宝しているのは、タブレット電子書籍を読む時です。

 

電子書籍と言っても、主に雑誌です。

僕は『週刊少年ジャンプ』と『日経ビジネス』の電子版を定期購読しています。

タブレットでページをめくる作業を繰り返していると、指でやるよりも、スタイラスペンの方が疲れないように思います。

あくまでも、主観ですが。

ペンを使った場合、字を書く時と同じ動作になり、その方が慣れているからではないでしょうか。

当然、雑誌以外の電子書籍を読む時も使っています。

 

ただし、キンドル端末(僕が持っているのはKindle Voyageです)では、反応が悪いため、スタイラスペンは使っていません。

 キンドル端末は、そもそもが読書用なので、指で操作しても疲れないのでしょう。

 

そして、画面に指紋がつかないのが気持ちいい。

タブレットを持たずに外出する時には、スタイラスペンは持ち歩きません。

なので、外でスマホを使う時は、指で操作しています。

しかし、家の中では、スマホでもスタイラスペンを使っています。

これは、指紋がつかないことの気持ち良さがあるからです。

 

あと、僕は指が太いので、細かいクリックへのストレスが減ります。

ただし、この点を重視する人は、先がもっと細いタイプがいいでしょう。

 

ペンホルダーがついたタブレットカバーを使っているので、付属のストラップは使っていません。

スマホにつけて持ち歩くのは、さすがにかっこ悪いですから。

 

最後に、このスタイラスペンは消耗品です。

しばらく使っていると、反応が鈍くなってきます。

色違いや、これより長いタイプ(3本入り)もあるので、2度目以降は色や長さを変えてみるのもいいでしょう。

また、TPOに合わせて、色を使い分けるのもいいですね。

 気になる方は、リンク先から他のタイプも探してみてください。