読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

図解 マインドフルネス ―しなやかな心と脳を育てる― ケン・ヴェルニ(著) 中野信子(監訳)

読書 メンタルヘルス

 先日書いた『悩み・不安・怒りを小さくするレッスン「認知行動療法入門」』の記事の中でも紹介していた本です。

saaiwa819.hatenablog.com

 僕が「マインドフルネス」に興味を持ったのは、メンタルヘルスという側面からでした。

とにかく、いろんなものを試して、安定した生活を取り戻したいという思っています。

 

最近は、いろんなところで注目されている「マインドフルネス」

一言で説明するのは難しいところです。

「マインドフルネスの格言」として紹介されている、次の言葉が端的に「マインドフルネス」表しているのように思います。

マインドフルネスとは、

あらゆる判断をせず

「今この瞬間」に

意識的に注意を向けることです

 これだけ読んでも、何のことかわからないかもしれません。

しかし、本書を読み終えて、あらためてこの格言を読むと、「要するにそういうことですね」と、納得できると思います。

 

言葉の意味はさておき、「マインドフルネス」で大事なのは実践です。

ここでいう実践とは瞑想のこと。

 その効果は多岐にわたるようですが、とにかく瞑想しないと始まりません。

そういった意味では、『図解 マインドフルネス』というタイトルのとおり、瞑想の方法も図解でていねいに説明してあります。

 

瞑想については、メンタリストDaiGoさんの本でも推奨されており、簡易な方法で続けていた時期がありました。

しかし、最近は全くやっていません。

この本を読んでからと、言い訳していました。

読んでしまったのでやるしかありません。

ということで、今日からこの本の方法を参考に、瞑想に再チャレンジします。

 

瞑想の方法に限らず、「マインドフルネス」の考え方等についても、図解でわかりやすく書かれています。

「マインドフルネス」の入門書として、お薦めできる1冊です。