読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド) 無料体験の感想

昨年の8月に始まったアマゾンのKindle Unlimited。

遅まきながら、無料体験で試してみることにしました。

今回は、無料体験で感じたことを記事にしたいと思います。

 

ご存知の方も多いと思いますが、Kindle Unlimitedは月額980円で、Kindle本が読み放題になるサービスです。

Kindle端末を持っている必要はなく、スマホタブレットがあれば、Kindleアプリで読むことができます。

ただし、対象となっている本が限られているので、向き不向きは分かれるところでしょう。

僕が無料体験を始めたのは、今年はできるだけ多くの本を読みたいと思っているからです。

量はこなしたいけど、少しでもお金はかからない方がいい。

そういう理由で始めた人間の感想として読んでもらえればと思います。

 

そういう訳で、以下の4点にまとめてみました。

 

1 Kindle Unlimitedは古本屋さん

対象本の中から、自分のアンテナに引っかかる本を探す必要があります。

 これは、古本屋さんで本を探す感覚に似ています。

当り外れはあるものの、少しでも安く、興味がある分野の本を読める。

古本屋さんで、1ヶ月で980円分の本を買ったと思えばいいのではないでしょうか。

そう思えば、月額980円なら、そんなに高くはないように思います。

ただし、品揃えが町の古本屋さんレベルなので、ブックオフぐらいになればいいですね。

 

2 新品でわざわざ買わない本を読むことになる

結局、いい本に出会うには、たくさん読む必要があります。

また、「読み書きスキル向上」のためにも、たくさん読む必要があります。

しかし、そうそう本にお金をかけられません。

新品で買った本が外れだと大きな痛手です。

 

しかし、読み放題であれば、新品では買わないような本も、とりあえず読んでみることができます。

そうすれば、いい本に出会う確率も高くなるでしょう。

また、少しでもたくさん読んで、980円の価値を高めることもモチベーションになります。

僕のように、お金は無いけど、読書量を増やしたいには、いいサービスだと思います。

逆に、十分な予算とスキルがある人にはもの足りないサービスかもしれませんね。

 

3 雑誌が意外と嬉しい

無料体験開始当初は、雑誌のことは全く頭にありませんでした。

しかし、対象本には雑誌が多く含まれています。

雑誌の読み放題サービスは他にもあるので、雑誌がメインの人は、他のサービスとの比較をした方がいいでしょう。

でも、僕のように、雑誌はおまけだと思っている人間には嬉しいところです。

 

特に、嬉しかったのが『週刊ギャッロプ』です。

 このブログでも何度か書いていますが、僕は競馬ファンです。

以前は、毎週買っていた『週刊ギャッロプ』

家族もでき、自由に使えるお金が少なくなる中で、いつしか買えなくなっていました。

もう購読することは無いと思っていましたが、これが毎週読むことができます。

しかも、1冊720円にもなっています。

僕が買っていたころは500円ぐらいだったはずですが・・・

それが、月額980円に含まれているので、大喜びしています。

 

他にも流し読みしたい雑誌もあり、雑誌が意外と嬉しかったです。

雑誌をおまけと考えれば、お得感が大きくなるのではないでしょうか。

 

4 キンドルオーナーライブラリーとの使い分け

僕は、アマゾンのプライム会員で、Kindle端末を持っています。

この条件に当てはまれば、「キンドルオーナーライブラリー」というサービスを受けることができます。

これは、月1冊、無料でKindle本を読めるというサービスです。

ただし、これも対象となる本が限られています。

 

サービスの違いを説明すると長くなるので、省かせてもらいます。

問題は、サービスの対象となる本です。

ほとんどの本が、両方のサービスの対象になっています。

このことで、過去に「キンドルオーナーライブラリー」で読んだ本を、読み返しやすくなりました。

 

でも、これだと「キンドルオーナーライブラー」が実質無いのと同じです。

何だかもったいない気がします。

そこで、「キンドルオーナーライブラリー」の対象だけど、「Kindle Unlimited」の対象ではない本を探してみました。

これは、Kindle端末でないと、見分けが難しいのですが、探すと何冊か見つかります。

ここは、探す手間との兼合いもありますが、できるだけ見つけて活用したいと思っています。

 

結論

概ね好印象を持ったので、 無料期間が終わったら、有料でサービスを継続します。

ある程度読んだら、「Kindle Unlimited おすすめ本 ◯◯冊」なんて記事が書きたいですね。

その他に気づいたことや、もし、解約するようなことになれば、その時も記事にしたいと思います。