読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本―仕事・人間関係のクヨクヨを晴らす考え方 斎藤茂太

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で読んだ本です。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)については、無料体験の時に感想を書いていますので、参考にしてください。

www.saaiwa819.com

また、「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」のカテゴリーを作っています。 読み放題にどんな本が入っているか興味がある方は、サイドバーのカテゴリーを参考にしてください(随時追加していきます)。

 

今年最初の記事は斎藤茂太さんの『「心の掃除」の上手い人下手な人』でした。 

www.saaiwa819.com

元日にこの記事を書き、今年は「心の掃除」の上手い人になろうとしたものの、なかなか上手くいっていません。

 Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で、斎藤茂太さんの本があったので読んでみることにしました。

 

「いい人だけどグズ」

「グズ」はもちろんん、「いい人」も褒め言葉ではないケースが多いのではないでしょうか。

自然と「いい人」ならいいんですけど、無理に「いい人」になろうとすると、心身共に疲れてくるもの。

まえがきにある、次の言葉が本書における、著者の一番のメッセージです。

本書を通じて、「いい人と思われる生き方」から「いい人生と思える生き方」へと一歩でも近づけたなら、著者としては幸いである。

心当たりのある方は、この本を読んでみてはいかかがでしょうか。

 

さて、「グズ」にありがちなのが、先のばしですよね。

僕も、やらなくてはいけないのに、先のばしにしていることがあります。

そんな僕の背中を押してくれるように、次のような言葉がありました。

どんなに先のばしにしても、やらなければならないことはいつかやらなければならないので。今やるのと、後でやるのとでは、同じようでいて全然違う。

 

確かに、先延ばしにすればするほど、状況が悪くなるものです。

同じようなことは、他の本にも書いてあります。

「実践してこその知識」がこのブログのモットー。

できることから少しずつ手をつけているところですが、実践できていないことがまだまだあります。

ここは思い切って、先のばしにしていることをやってみることにしました。

 

本は読むタイミングで感じ方が違うものです。

また、読んだ時に抱えている問題に対処する力を与えてくれることもあります。

今、僕はとても大事なことを先のばししています。

このタイミングでこの本を読んだことも何かの縁です。

ここは思い切ってやってみましょう。

本当は、すでに先のばしをやらなくなっていればよかったのですが・・・

 

著者は「うつをグズの応援団」を自認しているとのこと。

「うつとグズ」を自認している人には読んでほしい一冊です。

先延ばしの件に限らず、何かをみつけることができるかもしれませんよ。