読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

文房具屋さん大賞2017

文房具を普段から取り扱うプロが世の中で最も価値のある逸品を選定する「文房具屋さん大賞」

2013年から始まって今年で5回目です。

 文房具好きにとっては、毎年楽しみなイベントとなっています。

今回から、ノミネートした文房具を2016年に発売された新作のみ絞ったとのこと。

新しい文房具の動向がわかるので、この変更は良かったと思います。

 

今年の大賞は「大人キャンパス ドット入り罫線・無地」でした。

確かに文房具屋さんで目立った存在ですが、僕は使ったことがありません。

ちなみに、僕は「A4無地」のキャンパスノートを使っており、このブログでも紹介しています。 

まとめ買いしているので、しばらくはこのノートを使います。

www.saaiwa819.com

 

 大賞のほかに「コスパ賞」「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」の4つの部門賞が設けられています。

この各賞を受賞した文房具にも、今のところ興味がありません。

そういう意味では、時代の流れに乗れていない感を持った今年の「文房具屋さん大賞」でした。

 

とはいえ、大賞・各賞に選ばれなかったノミネートアイテムから選定されているBEST100の中には気になるものがいくつかあります。

上位入賞アイテムの中で、ずっと気になっているのが、3位となった「MONO AIR」です。

修正テープを使う機会があまりないので、購入には至っていません。

しかし、文房具屋さんで試し消しをした時は衝撃を受けました。

家で使っている修正テープがあるのですが、ほとんど減らないんですよね。

次に買うなら、間違いなくこれにします。

その頃には、新しいタイプの修正テープが登場しているかもしれませんが・・・

 

大賞・各賞・BEST100以外にも、いくつかの記事が書かれています。

その中で勉強になったのが、文具王・高畑正幸さんによる「[文房具の楽しみ方]講座」です。

 この講座は1限目から5限目までで構成されています。

 1限目 「文房具」の定義を知り デジタルとアナログの 使い分けを考えてみる

 2限目 テクノロジーに 注目し、その凄さを 体験&実感しよう

 3限目 素材が果たす 機能や役割に 思いを馳せる

 4限目 歴史を振り返り 人と文房具の つながりを知る

 5限目 商品のデザインを元に メーカーの戦略や 意思を想像する

講座名のとおり、文房具がますます楽しくなる内容で、さすが文具王といったところです。

 

たくさんの文房具が掲載され、文房具が楽しくなる記事が書かれている。

文房具好きなら、読んでおきたい一冊ですね。

文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)