読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

このカッター、折らなくていいんです。でも、それだけではありません。

今日は、刃を折らないことで話題のカッター「オランテ」を 紹介します。

文房具屋さんで見かけて、ずっと気になっていたのですが、なかなか買うことができずにいました。

最近、文房具特集の雑誌を何冊か紹介していますが、その中でもこのカッターは扱われています。

そこで、やっぱり欲しくなって購入にすることにしました。

 

切れ味が持続するので折らなくていいことが特長のこのカッター。

コンセプトは「安全」です。

刃を折るのは危ないですし、折った刃をどうするかにも悩みます(折った刃を収納するグッズもありますが)。

そんな「カッターの弱点」ともいえる点を解消したという点だけでも、このカッターは画期的です。

 

でも、それだけではありません。

折らなくても切れ味が持続するとはいえ、刃を交換する時期はやってきます。

そこでも安全性を発揮するこのカッター。

刃を交換する時に、刃に触れなくていいのです。

 

さらには、チャイルドロックまでついています。

安全性を徹底的に追求したカッターではないでしょうか。

 

参考にPLUSのサイトにある紹介動画を貼っておきます。

 

 ここからは、僕が買ったものの写真を使って、見ていきましょう。

まずは刃を出す前の全体写真。

外側がプラスチックなので、使い方次第では割れる可能性はあります。

僕も実際に手元から落としてしまい、心配になりました。

まあ、余程の衝撃がないと割れることはないでしょう。

f:id:saaiwa819:20170317170331j:plain

 

刃を出した時の全体写真。

この写真が刃を全部出した状態です。

実際に使用する時は、全部出す必要はありません。

f:id:saaiwa819:20170317170347j:plain

 

そして、これが折らなくていい刃の写真です。

折らなくていいので、折り目が入っていません。

f:id:saaiwa819:20170317170402j:plain

 

刃を交換するために部品を外した時の写真。

まずは指かけリングを外し、中から刃が収められた部分を取り出します。

僕は、この中から取り出す作業に少し手間取りました。

f:id:saaiwa819:20170317170415j:plain

 

刃が収められた部分から、スライダーを外します。

説明書には上の部分をホルダー、下の部分をスライダーと書かれていました。

f:id:saaiwa819:20170317170424j:plain

 

そして、このホルダーごと刃を交換します。

刃はホルダーの中にあるため、刃に触れることなく交換できます。

f:id:saaiwa819:20170317170434j:plain

 

参考までに、僕がこれまで使ってた無印のカッターとの比較です。

比べると、かなり大きいですね。

なので、持ち運びには向いてないと思います。

無印のカッターはペン立てに立てていたのですが、オランテはペン立てでも場所を取ります。

でも、その分見つけやすいです。

f:id:saaiwa819:20170317170444j:plain

 

僕がカッターを使うのは、資源ごみとして出すために、牛乳パックをひらく時です。

牛乳パックはけっこう手強いですよね。

少し切れ味が悪くなると、すぐに引っ掛かるようになります。

このカッターで試したところ、まだ買ったばかりなので、かなりスムーズに切ることができました。

どの程度切れ味が持続するかこれからです。

ただ、そんな実用的な面はさておき、使っていて楽しくる文房具。

文房具好きの方はもう持っているかもしれませんが、それ以外の方にも試してほしいカッターです。

 

【関連記事】 

www.saaiwa819.com

  

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com