読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル向上」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略 メンタリストDaiGo

 昨日に続いて、DaiGoさんの新刊の紹介です。

今回のテーマは「就職」

就職活動における面接のテクニックも紹介されていますが、働き方全般に関わる内容と考えていいでしょう。

「はじめに」に書かれている、次の言葉が印象的です。

職業選択の自由とは、与えられる権利ではなく、自分で磨き、鍛え、手に入れるべきスキルなのです。

逆に言えば、スキルがない人には職業選択の自由はないという、厳しいメッセージとも受け取れます。

そこで、この本がそのスキルを身につける方法を伝授しようというわけです。

 

今回も、いつもの「3・5・7」で構成されています。

第Ⅰ部 後悔しない就活&仕事選びとはー「いい仕事」を選ぶ3つの原則

第Ⅱ部 好感度は作れるー面接を支配する7つの戦略

第Ⅲ部  人生は2ヵ月で変えられるー職業選択の自由を手に入れる5つのワーク

さらに「おわりに」では、「職業選択の自由を手に入れた後の注意点をいくつか」として、5つの注意点が示されています。

この「3・5・7」については、僕もブログで何度も触れているので、さすがに頭に焼き付きました。

実際に文書や資料を作る際には、参考にしているところです(まだまだ練習が必要ですが)。

 

この本が、これから就職・転職活動を始める人がメインのターゲットであることは間違いありません。

しかし、DaiGoさんの本は、どのようなテーマでも同じような材料が使われており、テーマ自体に興味がなくても、他のことに応用できるようになっています。

 

例えば「第Ⅱ部 好感度は作れる」について。

DaiGoさんは、「面接の成否を決めるのは好感度である」とまで言っており、「第Ⅱ部」では、面接で好感度を与える方法が紹介されています。

面接という一発勝負の場で好感度を与える方法もありますが、日常のコミュニケーションスキルとして使えるものもあります。

また、営業やプレゼンテーションといった、ビジネスの場面にも応用できるでしょう。

 

そして、全体的には、自分の働き方を考えるヒントがたくさんつまっています。

就職や転職を考えている人はもちろん、自分の働き方を見つめ直したい人にも得るものがあるでしょう。

ただし、重要なのは実践です。

「第Ⅲ部」で紹介されている5つ目のワークは「72時間以内に実行する」です。

「本書で学んだことを、1つでいいので、72時間以内に実行してください」

結局は、これが一番重要なんですよね。

 

「実践してこその知識」がこのブログのテーマです。

僕は、DaiGoさん本から実践していることはいくつかあります。

当然、全てやることは現実的ではないし、合う合わないもあるでしょう。

効果を感じるものは継続し、新しいものも取り入れていく。

そんな感じでボチボチやっていこうと思います。

 

DaiGoさんの本の紹介は、これで13冊目になりました。

これからも新刊を中心に紹介していくつもりです。

そして、過去に読んだ本もまだまだあるので、折を見て紹介していきたいと思います。

面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

 

 

【関連記事】 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com