読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

乱読のセレンディピティ 外山滋比古

 今年は「読み書きスキルの向上」を目標とし、少しでも多くの本を読もうと考えています。

そこで、本書のタイトルにある「乱読」という言葉に目を引かれました。

これまで、読書に関する本を何冊か読んだ中で、「熟読」「精読」「速読」という言葉は出てきました。

しかし、「乱読」は初めてです。

出てきていたとしても、キーワードとしては扱われていないかったと思います。

それが、本書ではタイトルの一部となっています。

著名な外山滋比古さんの本でもあり、読んでみることにしました。

 

では、 「乱読」とはどういったものでしょうか。

 イメージとしては「たくさん読む」といったところでしょうか。

タイトル後半の「セレンディピティ」を合わせれば、「たくさん読めば、思わぬいい本に出会える」いうことのように思われます。

 

「文庫版のためのまえがき」から引用します。

 気の向いた本を、手当りしだいに読むのは、たのしいが、それだけでなくおもしろい発見もある。知的刺激ということからすれば乱読にまさるものはないようである。

 妙に力を入れるのではなく、風のように読むのがおもしろい。

 乱読がおもしろいということを考えた。

 「風のように読む」というのがポイントのようです。

しかし、「風のように読む」と言われても、漠然としています。

この正体をつかむべく、読み進めることにしました。

 

次の箇所が「乱読」の大前提と言えそうです。

 ひとの意見によることもなく、自分の判断で本を選び、自分のカネで買う。買った以上、読む義務のようなものが生じやすいが、読んでみて、これはいけない、と思ったら、読みかけでもさっさっと放り出す。いかにも乱暴のようだが、いやの本を読んでも得るところは少ない。放り出してから、どうして読み終えられなかったのかということを反省すること。

この「読みかけでもさっさっと放り出す」というのが、なかなかできません。

「サンクコスト」というヤツですね。

しかし、「放り出してから、どうして読み終えられなかったのかということを反省する」という視点があれば、最後まで読まないことも選択肢に入れやすい。

著者は、そういう本からも学ぶ点はあると言いいます。

そういう視点は無かったので、今後は意識してみようと思います。 

 

この前提のもと、「たくさん本を読む」という話に続きます。

たくさん読むためには「速読」が必要です。

著者も「速読」を推奨していますが、その考え方は、僕がこれまで読んだ本とは異なります。

「本は知識で読む」「知識が無いと速読はできない」

これまで読んだ本では、主にそのように書かれていました。

 

いっぽう、本書では「知識」をあまり重視していません。

「知識メタボリック症候群」という言葉まで使い、知識を過剰に評価しないようなことが書かれています。

「風のように読む」には知識は要らないのでしょうか。

決して、そのようなことではなく、いわゆる「知識偏重」への戒めのようです。

「知識」より「思考」を重視すること。

こういったところは、『思考の整理学』の著者ならではなのかと思います。

 

では、どうやって「速読」するかという点については、具体的な説明はありません。

風のように速く読むことで、残像に助けられて、全体が理解できるといったところです。

ゆっくり読むと、それまで読んだ内容が頭から抜けていくので、速く読んだ方がいいということでしょう。

「風のように読む」の正体はここでつかめたことになります。

 

そこで、タイトルの後半の「セレンディピティ」です。

これは、「いい本に出会える」という予想とは違っていました。

簡単に言えば、分野を選ばず、たくさん読んでいれば、科学反応が起きて、思いもよらないアイデアが生まれるといった内容です。

この考えにおいても、最後まで読まなかった本から、何か得るものがあるかもしれません。

そのための「乱読」というわけです。

ここでも「知識」より「思考」を重視する点は一貫しています。

 

僕も「実践してこその知識」をモットーにしており、「知識のための知識」を得る本は、極力避けたいところです。

僕が本書に副題をつけるなら、「使う知識を得る読書」とします。

「乱読」を通じて、「セレンディピティ」を起こし、「使える知識」を得て、「実践」する。

とにかく、たくさん本を読もうと、決意を新たにした次第です。

乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫)

乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫)

 

 

【関連記事】 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com