読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

キラーストレス 心と体をどう守るか NHKスペシャル取材班

 

昨年(2016年)放送されたNHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」が書籍化されたものです。

www.nhk.or.jp

「時間の制約がある番組内では紹介しきれなった情報もあますことなく収めている」とのこと。

ちなみに、僕は番組は見ていません。

 

タイトルの「キラーストレス」について、次のような説明があります。

  まず題名の「キラーストレス」。これは学術用語ではなく、番組を制作するにあたって、私たちがひねり出した造語だ。

 「あなたが抱えているストレス、下手をすると将来の死因になってしまうかもしれませんよ」

 そんな不穏な警告を込めたメッセージである。同時に、どうやってストレスは人を殺すのか、その対策はどんなものなのか、といった流れを連想していただくことを意図している。

 ここでは、ストレスは完全に悪者です。

 

以前読んだ本に、「ストレスは役に立つから、なるべく受け入れて利用し、うまく付き合っていく必要がある」という主旨のものがありました。

www.saaiwa819.com

 

 どちらのスタンスに立つにしろ、ストレスに対して何らかの対応を促しているという点は同じです。

どのような対応が自分に合うかは人それぞれではないでしょうか。

そういった意味では、本で読んだことを、いろいろと試してみる必要があります。

そうすることで、自分なりの対応を見つけることが重要だと思います。

 

今回紹介する『キラーストレス』では、前半に「ストレスの基礎知識」、後半に「ストレス対策」が書かれています。

前半を読まずに、後半の「ストレス対策」を試すだけでもいいでしょう。

「運動」「食事」「コーピンング」「マインドフルネス」といった対策が紹介されています。

 何かしら試してみて、効果を感じることができれば、それがその人に合った「ストレス対策」のひとつと思っていいでしょう。

 

自分のストレスに気づき、何らかの対策を実践し、その効果を実感する。

効果が大きいものは継続し、効果が小さいものは横に置いておく。

そうやって、いろいろと試しているうちに、自分なりの「ストレス対策」が出来上がる。

そいういうことを繰り返すことで、生きるのが少しでも楽になっていくのではないでしょうか。

そのためのヒントが盛り込まれた一冊だと思います。

実践という意味では、「NHKスペシャル『キラーストレス』をベースにしたストレスの予防改善のためのCD付ワークブック」が発売されています。

電子版にはCDがついていないので、紙版をさっそく注文しました。

後日記事にしたいと思います。 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com