読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

「キラーストレス」から心と体を守る! マインドフルネス&コーピング実践CDブック 熊野宏昭(監修) 伊藤絵美(監修) NHKスペシャル取材班(監修)

先日、NHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」が書籍化された『キラーストレス 心と体をどう守るか』の記事を書きました。

www.saaiwa819.com

今回紹介する本は、そのスピンオフ版です。

「マインドフルネス」と「コーピング」の実践方法が詳しく紹介されています。

数あるストレス対策から、なぜこの二つなのか。

「Prologue」に書かれている理由は、以下の二点です。

  • 精神医学や臨床心理学の学会で、有効性が立証されている方法であること
  • 誰でも試すことができ、なおかつ長期間しっかりと取り組むこともできるものということ

 

そして、監修者のお二人も、「取材先で出会った専門家の方々が『あのお二人なら』と太鼓判を押す、凄い先生」とのことです。 

実際にNHKスペシャルの番組にも出演されています。

 

NHKと「凄い先生」がタッグを組んで作成した本なので、いい加減なことは書いてないと考えてよさそうです。

読みながら、書きながら、聞きながら、「キラーストレス」から体と心を守る方法を身につけていきましょう。

 

付属のCDは「マインドフルネス瞑想」のガイドです。

初めのうちは、CDを聞きながら瞑想を行うといいでしょう。

そうすることで、「マインドフルネス瞑想」のコツをつかむことができそうです。

 

「コーピング」については、ワークシートがついており、実際に書きこめるようになっています。

ワークシートは、コピーして使うこともできるし、それ自体は複雑なものではないので、手書きでも簡単に作成できます。

このワークシートを書き込みながら、「セルフモニタリング」から「コーピング」への流れをつかんでいくことになります。

 

そもそも「コーピング」とは、「ストレスに意図的に対処していくこと」です。

ワークシートの中には、「コーピングレパトリー」として、100個のコーピングを書くというものがあります。

ストレスを感じた時の対応をたくさん書き出し、それを持ち歩いて、そのシーンにあったコーピングを見つけることが目的です。

100個書き出すのは大変そうですが、ちょっとした行動や妄想なども含めてよく、具体例も紹介してあり、イメージしやすいと思います。

 

「マインドフルネス」にしろ、「コーピング」にしろ、とにかく実践的な本です。

わかりやすくコンパクトにまとめてあるので、行動に移しやすいと思います。

どんなストレスであれ、ストレスに悩んでいる人は、まずは「マインドフルネス」と「コーピング」に取組んでみてはいかがですか。

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com 

www.saaiwa819.com