読書 ときどき 文房具

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「読書・仕事等に使える文房具」等々

スポンサーリンク

「ほぼ日手帳2018」販売スタート! 今年はカバーも買います!

f:id:saaiwa819:20170901184559j:plain

昨日(2017年9月1日)、「ほぼ日手帳2018」の販売がスタートしました(上の写真は現在使用中のものです)。

僕は2012年から「ほぼ日手帳」を使っており、今年で6年目です。

1年目からA5サイズのカズンを使っています。

持ち歩かずに家で使うつもりだったので、大きいほうがいいと思ったからです。

 

この記事を書くにあたり、過去の「ほぼ日手帳」を見返しました。

最初の頃は、何を書くのか定まっておらず、けっこうスカスカです。

何も書いていないページもけっこうあります。

数年前からは、体調管理も兼ねて、日々の生活の記録をつけています。

映画やライブに行った時のチケットを貼ってもスペースに余裕があり、この辺はカズンならではです。

 

見返していると、その時々に考えていたことや、おさえきれない感情も書き込まれています。

過去を振り返ってもしょうがないのですが、現在の自分は過去の積み上げであり、未来も過去の延長線上にあるはずなので、たまにこうやって振り返るのも悪くはないでしょう。

ただし、過去の思い出に浸るのではなく、それをどうやって未来に活かすかを考えたいところです。

僕にとって、「ほぼ日手帳」はそんなことを考えるツールでもあります。

 

カズンには「年間(見開き6か月)」「月間(見開き1か月)」「週間(見開き1週間)」そして「1日1ページ」の4種類の記載ページがあり、それぞれをどのように使い分けるかも悩ましいところです。

資格試験の勉強をやっている頃は、「月間」や「週間」を勉強の記録に使っていました。

今年は「年間」に毎日の体重を書くようにしており、長い目で見た体重の変動がわかりやすいです。

だから体重が減るということではありませんが。

 

今年で6年目ですが、カバーは2つしか買っていません。

欲しいと思うデザインが無い年もあれば、欲しくても値段が高いという年もあり、ここ数年は本体だけ購入しています。

持っているのはこの2つです。

f:id:saaiwa819:20170901184621j:plain

左側は1年目に、右側は2年目に買いました。

3年目以降は、この2つを使い回しており、現在は右側を使っています。

左側はしおりの先端部分(三角)が取れてしまったので、昨年引退させました。

 

ひとつは引退し、もうひとつも古くなってきたので(まだまだ使えますが)、来年はカバーも買うことにしました。

注文したのはこのカバーです。 

www.1101.com

 

カバーを買おうと思った理由としては、持ち歩いて公私兼用にしてもいいかなと思ったこともあります。

現在仕事で使っているのは、ダイゴーのA4サイズの手帳です。

興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。

www.saaiwa819.com

この手帳は気に入っているのですが、「ほぼ日手帳」の可能性を広げてみようと考えているところです。

 

本当に公私兼用にするかは決めかねています。

兼用にすると、「私」の部分を思い切り書けなくなりそうです。

でも、その可能性を残しておくため、仕事でも使いやすいシンプルな黒のカバーを買うことにしました。

 

公私兼用となれば、書くことも増えるでしょうから、サイズはカズンで譲れません。

そこで、本体は半年で1冊の「avec(アヴェク)」にします。

そうすれば、持ち歩くのも少しは楽になることでしょう。

 

そういうわけで、来年の使い方については、しばらくはあれこれ考えることになるでしょう。

もしかしたら、今は想像もしていない使い方になっているかもしれません。

「ほぼ日手帳」の使い方は、まさに十人十色です。

どんな使い方をするのであれ、来年も「ほぼ日手帳」を楽しみたいと思います。

 

【関連記事】

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com