読書 ときどき 文房具 そして ポケモンGO

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「文房具」「ポケモンGO」等

スポンサーリンク

【読書】ヘンテコノミクス 佐藤雅彦 菅俊一 高橋英明

人間の経済活動は決して合理的ではない。

そこには様々な心理的要因が絡んでいる。

そんな心理的要因にはどのようなものがあるのか。

これを知れば、その後の自分の行動が変わるかもしれません。

今まで何となくやっていた行動について、立ち止まって考えてみましょう。

そのための材料となるのが行動経済学の知識です。

 

この本では、そんな行動経済学の知識が漫画で面白く解説されています。

1テーマにつき1話完結の漫画(解説つき)が23話が集まっており、それぞれの話は独立していて、どこからでも読むことができます。

その漫画のひとつひとつがとても上手く作られており、それぞれのテーマが非常にイメージしやすい。

 

特に上手いと思ったのは「代表性ヒューリスティック」についての第7話です。

まずは、最初の2ページの文字だけの漫画で、読者はストーリーを想像させられます。

そして、次の2ページでは、文字は全く同じものに絵を入れ、完成した漫画を読むことになります。

すると、想像していたものと全く違ったストーリーが現れるのです。

私たちは様々な物事を見聞きした時に、

既に抱いているイメージに囚われて

偏った判断をしてしまうことがあります。

このような心のはたらきを、

行動経済学では

「代表性ヒューリスティック」

と呼んでいます。

そんな「代表性ヒューリスティック」を実感できる漫画をよむことで、「そういうものがある」 と知ることができる。

知っていれば、それをどう活かすかはその人次第でしょう。

 

行動経済学は心理学と非常に関連が深い分野です。

事実、この本に書かれていることは、心理学関連の本で読んだことがあるものがほとんどです。

行動経済学に興味がある人はもちろん、心理学に興味がある人にも楽しめる本です。

「経済学+心理学=行動経済学」と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

ー人間とは、かくも

 ヘンテコな生きものなり。

人間の「ヘンテコ」な姿を、この本で確認してみてください。

そこには「ヘンテコ」な自分の姿が描かれています。

「ヘンテコ」を自覚することが、行動を変える第一歩となることでしょう。

何度も読み返し、漫画のストーリーも一緒に頭に入れておきたい一冊です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com