読書 ときどき 文房具 そして ポケモンGO

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「文房具」「ポケモンGO」等

スポンサーリンク

【読書】サークル 猟奇犯罪捜査官・厚田巌夫 内藤了

「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズのスピンオフ作品。

スピンオフ作品としては、検死官の石上先生を主人公とした『パンドラ 猟奇犯罪検視官・石上妙子』もあります。

今回は本編では藤堂比奈子の上司である厚田巌夫(通称“ガンさん”)が主人公です。

一応、主人公(タイトルに入っている名前)は別ですが、どちらも二人の過去を知る作品として描かれており、どちらかが主人公という感じではありません。

本編につながる二人の若かりし頃の姿を是非読んでほしいと思います。

時間軸としては『パンドラ』から『サークル』へとつながっており、この順番で読むことをおすすめします。

 

さて、タイトルの『サークル』見て、ピンと来た人もいるのではないでしょうか。

本編『COPY』で30年前に起きたとされる、「コピー元」の事件が描かれているのが『サークル』です。

『COPY』でも事件の概要には触れてありますが、当時の様子を詳細に知ることで、『COPY』を一部読み返しました。

 

そして、このシリーズが「ホラー文庫」である所以は、事件の猟奇性もさることながら、事件現場等のおぞましい描写にあります。

その点はスピンオフでも、もちろん健在です。

自分も含めてですが、人はどうして進んでおぞましいものを求めるのでしょうか。

このシリーズにはそのヒントというか、人間の本能に備わっているものが描かれているようにも思います。

 

なにはともあれ、本編を読んでいる人には『パンドラ』『サークル』は絶対に読んでほしいです。

 いや、読まなければいけないと言っても、言い過ぎではありません。 

次巻『BURN』の発売を待ちつつ、スピンオフ、そして、過去の作品を読んでおくのはいかかでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】 

www.saaiwa819.com

  

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com