読書 ときどき 文房具 そして ポケモンGO

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「文房具」「ポケモンGO」等

スポンサーリンク

【読書】Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で読んだ本まとめ【2018年9月18日~2018年10月17日】

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で、1か月にどれだけ読んだかの記録です(雑誌・コミックは除く)。

記事にした本は、過去記事の羅列になってしまいますが、興味のある方はお付き合いください。

記事にしていない本については、一言感想を書いています。

 

なお、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象本は変更になることがあります。

残念ながら、今回紹介している2冊は、この記事の公開時点で対象から外れています。

再度対象になることも考えられますので、興味のある方はKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で読めるかどうか確認していただくようお願いします。 

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)については、無料体験の時に感想を書いていますので、参考にしてください。

www.saaiwa819.com

 

また、「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」のカテゴリーを作っています。 読み放題にどんな本が入っているか興味がある方は参考にしてください(随時追加していきます)。

www.saaiwa819.com

 

記事にした本

記事にした本はありません。

 

記事にしていない本

『多動力』堀江貴文

自己啓発の本をある程度読んでいる人であれば、内容にさほど斬新な点は無いと思います。

それを如何に堀江さんが実行しているかの記録という面が強い一冊です。

 

 「イチロー選手やカズさんのような才能をもたない人が、一つの仕事にとらわれてしまっていては、価値あるものは生み出せなくなっていく」

だから、「多動力」を身につける必要があるとのこと。

でも、この「多動力」も才能なんですよね。

そこを認識したうえで、自分のできることは何なのかという視点で読まないと、堀江さんの「多動力」に、ただただ圧倒されるだけになりかねません。

 

 そもそも、現状に満足している人はこういう本は読まないでしょう。

とにかく何でもいいからやってみる。

それで何かが変わったら、他のこともやってみる気になるものです。

そうしているうちに、自分なりの「多動力」が身につくのではないでしょうか。

 

 

『どこでも誰とでも働ける 12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール』尾原和啓

こちらの本は「転職」を切り口としていますが、根底にあるメッセージは『多動力』と同じのように思います。

平たく言えば「いろいろやってみよう。とにかく始めよう」ということ。

たまたまこの2冊を続けて読んだことで、そのことを強く印象づけられました。

 

でも、そんなに簡単なことではないですよね。

だからこそ、何でもいいからできることから始めること。

結局はそこに行き着くわけです。

何からやろうと考えるのではなく、やりたいと思ったらすぐにやる。

それを繰り返すことが必要な時代が始まっているようです。

 

 

以上、このひと月に読んだのは2冊でした。

ちなみに、利用中の本は対象外になっても、利用を終了するまで読むことができます。

まめに対象本をチェックして、気になるものはとりあえず利用を開始しておいたほうがいいでしょう。

10冊という縛りの中で、上手にやりくりできるといいですね。

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)会員でない方は、30日間無料体験を試してみてはいかがでしょうか。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)無料体験はこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】 

www.saaiwa819.com

  

www.saaiwa819.com

  

www.saaiwa819.com