読書 ときどき 文房具 そして ポケモンGO

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「文房具」「ポケモンGO」等

スポンサーリンク

【読書】名馬たちに教わったこと 勝負師の極意III 武豊

 

先日、武豊騎手がJRA4000勝を達成しました。

その偉業に合わせてこの本は発売されています。

この本の関係者は、競馬関係者(ファン含む)とは別の意味で、武豊騎手の4000勝をを待ち望んでいたことでしょう。

 

武豊騎手は、2012年10月から週刊大衆で「勝負師の作法」という連載をやっているようです。

その連載からの引用を交え、名馬から教わったことがそれぞれの馬とのエピソードとともに書かれています。

武豊ファンならずとも、競馬ファンなら興味深く読める1冊です。

 

全部で33頭の馬について書かれていますが、その馬のファンという方であれば、その部分を読むむだけでも、しびれるような感覚になることでしょう。

参考にその33頭をここに列記します。

 

アグネスディクター

トウカイローマン

スーパークリーク

シャダイカグラ

ファレノプシス

イナリワン

ナリタタイシン

ナリタブライアン

オグリキャップ

バンブーメモリー

メジロマックイーン

ベガ

ダンスパートナー

エアグルーヴ

ダンスインザダーク

サイレンススズカ

スキーキャプテン

シーキンザパール

スペシャルウィーク

アドマイヤベガ

タニノギムレット

ステイゴールド

ゴールドアリュール

クロフネ

カネヒキリ

トゥザヴィクトリー

ファインモーション

アトマイヤグルーヴ

ディープインパクト

メイショウカイドウ

ウォッカ

キズナ

キタサンブラック

 

必ずしもすべてがGⅠホースというわけではありません。

アグネスディクターはデビュー戦の騎乗馬で思い入れがあるの当然でしょう。

ステイゴールドは国内のGⅠは勝っていませんが、香港でのGⅠ勝ちがあります。

もう1頭、「小倉の鬼」であったメイショウカイドウの名前があるのがおもしろいですね。

本当に小倉では強かった。

馬券を買う立場として、競馬場の得意、不得意が重要な要素であるということを、学ばせてくれた1頭でした。

 

もちろん、他の名立たるGⅠに書かれたものも興味深いものばかり。

なかでも、サイレンススズカについて書かれた次の箇所が印象的でした。

 

 サイレンススズカもまた、最強馬です。彼との思い出は、たくさんあります。

 語るべきことも、まだ、まだ、あります。

 でも、今でもまだ、その傷は膿んでいて、瘡蓋をはがすと、血が噴き出してきます。

 忘れることは生涯ないと思いますが、いつか・・・・・・そう、いつか・・・・・・傷が癒え、瘡蓋を剥がしても血がにじむ程度になることがあったら、そのときは、彼の話をしたいと思います。

 

1998年天皇賞(秋)、あのレースに騎乗していた武豊騎手だがらこそ思うこと。

その話が聞ける日がくることを待ちたいと思います。

 

名馬について語るとき、そこには必ず名レースがあります。

この本はに書かれているレースは、見たことあるものがほとんどです。

それでも読んでいると、もう一度そのレースが見たくなります。

ネットで探せば、見つかるとは思いますが、本の順番どおりにひとつにまとまったものが欲しいですね。

『名馬たちに教わったこと DVD編』が出ると買うことは間違いないでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

www.saaiwa819.com

 

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com