読書 ときどき 文房具 そして ポケモンGO

「メンタルヘルス」「心理学」「脳」「読み書きスキル」「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「文房具」「ポケモンGO」等

スポンサーリンク

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 佐藤航陽

副題の「新しい経済のルールと生き方」がこの本の内容を端的に表しています。

では、「新しい経済のルール」とはどんなものなのでしょうか。

著者は「価値主義」という考え方を提案しています。

今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に変換される前の「価値」を中心とした世界に変わっていくことが予想できます。

 私はこの流れを「資本主義(capitalism)」ではなく「価値主義(valualism)」と呼んでいます。

 

この「価値主義」を実現するのに必要なのがテクノロジーです。

Finance(金融)とTechnology(技術)組み合わせたFintech(フィンテック)という言葉を耳にするようになりました。

このFintechについて、著者は「全く違う2つの現象をごっちゃにして語っているように感じています」

そして、「2つの現象を便宜的にFintech1.0とFintech2.0として区別」し、本書ではFintech2.0が扱われています。

タイトルの「お金2.0」もこのFintech2.0から取っているとのことです。

 

Fintech1.0とFintech2.0の違いは何でしょうか。

Fintech1.0とは、簡単に言えばすでに存在している金融の概念は崩さずに、ITを使ってその業務を限界まで効率化するようなタイプのものです。

2.0は1.0とは全く異なり、近代に作られた金融の枠組み自体を無視して、全くのゼロベースから再構築するタイプのものです。

 このFintech2.0で実際に起きていることに触れつつ、「価値主義」についての考え方が書かれています。 

 

では、その中で個人としてどのようにふるまうとよいのでしょう。

僕のような金融の素人でも、世の中の流れを見ていると、この2.0への流れは不可避だと感じます。

いや、金融の素人だからこそ、この流れを受け入れやすいのでしょう。

著者の考え方には、既存のルールの中の人からの批判もあるようです。

でも、そんなことを言っている場合ではありません。

 

「お金などの資本に変換される前の『価値』」を持つ人間になる必要があります。

あくまで重要なのは自分自身と向きあった上で、自分の情熱を発見し、自らの価値を大事に育てていくことだと私は思っています。

「これからの生き方」という本を読んでいると、だいたい同じようなところに行き着きます。

今回は「新しい経済のルール」という切り口で、その内容自体が非常に勉強になるものでした。

 

既存のルールを塗り替える存在にならない限り、ルールの中で生きていくことは避けられません。

経済と聞くと、なんだか難しいものと思う人もいるでしょう。

でも、この本はとても読みやすく、わかりやすい文章で書かれています。

「お金2.0」というタイトルでもあり、お金に興味がある人は読んで損はないと思います。

まずはルールを知ることから始めましょう。

そして、自分の情熱を発見し、自らの価値を大事に育てていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

この本はKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で読んだ本です。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)については、無料体験の時に感想を書いていますので、参考にしてください。

www.saaiwa819.com

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)会員でない方は、30日間無料体験を試してみてはいかがでしょうか。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)無料体験はこちらからどうぞ。

 

また、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)関連の記事については、カテゴリーを作ってまとめています。

読み放題にどんな本が入っているか興味がある方は参考にしてください(随時追加していきます)。

www.saaiwa819.com

 

なお、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)対象だった本が、対象外となる場合があるのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

 

【関連記事】

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com

 

www.saaiwa819.com